Menu

合宿免許と通学免許の違いについて

合宿免許とは?

合宿免許とは、教習所が用意した宿泊施設を利用して短期間で免許取得を目指す方法です。教習所とその近くに用意してもらった宿泊施設を往復しながら、短期集中で免許取得に必要な講義や実技をまとめて受けることができます。そのため短期間で免許を取得したいと考えている人や教習所に通う時間がない人などが利用しており、利用される期間としては夏休みや冬休みなど長期休暇のタイミングが多い傾向があるようです。特に学生が利用しているコースとして知られていますが、社会人が利用していることも少なくありません。

そんな合宿免許のメリットは、何と言っても短期集中で免許取得を目指せる点と教習所に通う手間や時間を省くことができる点です。合宿免許は基本的に教習所と宿泊施設を往復する形となりますし、スケジュールも2週間程度でこなせるようになっています。通学免許よりも講義や実技の内容を一気に詰め込んで試験に臨むことができるため、合格できる確率を高めることができるという点もメリットだと言えます。デメリットとしては2週間程度の予定を空けておかなければいけない点や、合宿免許期間内に合格できなければ追加で費用が掛かる点が挙げられています。

通学免許と合宿免許との違い

通学免許と合宿免許の違いは、どこから教習所に通うのか・免許取得までにかかる期間やスケジュールなどが挙げられています。例えば合宿免許の場合は教習所が用意してくれている最寄りの宿泊施設から通うことになるため、教習所との行き来にかかる手間や時間を省くことができます。それに対して通学免許は自宅や学校、職場などから通うことになるため、通う場所によっては教習所との行き来に手間や時間がかかる点がデメリットです。ただ好きな場所から通えるという点は、通学免許ならではのメリットだという意見もあります。

また合宿免許は短期集中型なのでまとまった期間を教習所の講義や実技に費やすことができるのに対して、通学免許は自分のペースで空いた時間などを利用しながら教習所のスケジュールをこなしていきます。このため合宿免許は短期間で免許取得を目指せる反面まとまった期間を作らなければいけませんが、通学免許は免許取得に時間がかかるものの自分のスケジュールに合わせやすいというメリットがあるのです。このように通学免許と合宿免許にはそれぞれメリットとデメリットがあるため、その点を踏まえてどちらの方法で免許取得を目指すのか検討することが必要だとされています。

 

合宿免許のことなら合宿免許ムーチョ!