Menu

合宿免許と通学免許の大きな違いはどこに?

合宿免許と通学免許・・通いと合宿で利点は大きく違う

これから自動車運転免許を取得したいと思っている方にとって「合宿」にするか「通学」にするか、これは大きな悩みでしょう。合宿免許は短期間で集中して免許を取得できることや、予約など優先的にとることができる、また費用が安いという点が大きなメリットです。通学免許は普段の生活をしながら免許取得に励むことができること、宿泊の準備などなく通いで免許の取得ができることがメリットとなります。

自動車教習所に通う前に合宿免許と通学免許の違い、合宿免許のメリット・デメリットなどを理解しておくべきでしょう。その上で自分にあった方法を選び効率のいい免許取得を考えるべきです。

合宿免許と通学免許の大きな違いとは?

合宿免許は名前にもある通り、教習所にある合宿所やホテルなどの宿泊施設に泊まりながら教習所設定の期間内で免許を取得する方法です。通学免許は自宅から教習所に通い免許を取得する方法で、一般的には通学で免許を取得する人のほうが多いといえるでしょう。

昔は合宿免許を利用する人も少なく、費用的にも現代の合宿免許のようにかなりリーズナブルということもなかったのでそれほど人気がありませんでした。しかし現代ではリーズナブルということのほかにも利点が多い免許取得方法として注目されています。

合宿免許のメリット・デメリット

合宿免許のメリットといえばやはり安くて早く免許を取得できるという点です。宿泊して教習所へ一気に通うというイメージで、学科に関しても実地に関してもスケジュールを「詰めて」優先的に受けることができるため、運転免許を早く取得できます。通常通学で免許を取得する場合、技能講習になると教習の予約を取る必要がありますが、合宿免許はすでにカリキュラムに組み込まれているため、予約を取る必要もありません。

通学の場合、通うのが面倒になってしまったり技能講習の予約がなかなか取れず免許取得が予定よりもかなり遅くなることもあります。合宿免許の場合は合宿中の一定期間で運転、交通法規などを学び効率よく免許を取得できるのです。しかも金額は宿泊込み、施設によっては食事込みでもかなりリーズナブルです。

ただし、合宿に参加するためには連続した日程が必要となるため、社会人が合宿免許を利用するというのは難しいでしょう。基本的に教習所で合宿している間は家に帰ることもできないので仕事している方が合宿免許を利用するのは難しいと思います。学科も技能も通学免許より進みがずっと早いので、しっかりと勉強する必要もあります。学生の間に免許を取得しておきたいという人や、転職などで絶対に免許が必要な人など、免許取得に自分の時間を一定期間避ける人に向いている免許取得方法です。

合宿免許のことなら合宿免許ムーチョ!