Menu

合宿免許での生活を知ろう

短期間で免許を取得するなら

自動車やバイクの免許を持っていると生活がより便利になりますし、仕事の面でも役立つことは多いものです。免許を取得する方法としては、地元の教習所を選ぶ人も多くなっていますが、夏休みなどまとまった休みがとれる人には合宿免許も人気です。合宿免許は宿舎に泊まりながら集中して免許を取得する方法で最短なら2週間程度で取得できます。そして、教習所に通うとなると多くの費用も発生しますが、合宿免許は宿泊費や交通費、食費なども込みで低価格ということも人気です。ひとりで参加することはもちろん、友人と一緒に参加する人も多くなっています。合宿免許では、普通自動車免許が取得できることはもちろん、バイクや特殊免許まで幅広く対応しています。

空き時間も有効に活用しよう

合宿免許は宿舎に泊まり込んでの参加となりますので、滞在中はどのように生活するのかも知っておきたいところです。短期間で免許を取得するためにはスケジュールに沿った生活を送る必要があります。まず、朝は6時半~7時ごろに起床し、8時ごろに朝食をとることが一般的です。その後は9時ごろから技能教習が学科教習が行われ、教習が終わったあとは休憩があります。あらかじめスケジュールは組まれていますので、教習の予約を行う必要はありません。昼食後は13時ごろからまた技能教習や学科教習が行われます。19時ごろには夕食となりますが、その後は自由な時間を過ごすことができます。合宿免許の良いところは免許を取得するだけではなく、ちょっとした旅行気分を楽しめるということがあげられます。それゆえ、教習が終わったあとの空き時間は自由に使うことができますが、試験に合格することが大切ですので、学科教習の復習をするなど有効な時間の使い方を心がけたいものです。

入学から卒業までの流れを知る

合宿免許に参加するなら、入学から卒業までの流れも知っておきましょう。まず、教習所に着いたら入校の手続きを行い、その後は視力や聴力などの適正検査が行われます。それから第一段階の教習が開始され、学科教習と技能教習を受講します。教習が終わったら終了検定と学科試験があり、合格すると仮免許が交付されます。仮免許が交付されたら、いよいよ第二段階となり路上教習が始まります。第二段階の教習が終わったら最後の卒業検定があり、合格すると教習所を卒業となります。この段階ではまだ免許は取得できていませんので、運転免許試験場で学科の本試験を受験します。教習所を卒業後、一年以内であれば実技試験は免除されます。

合宿免許のことなら合宿免許ムーチョ!