Menu

バラの花言葉

花といったらバラが一番代表的であり、贈り物の際等にも使用されますね。バラの特徴といえば美しい、けれど棘があって危険な意味もある。美しいけれど危険な感じのする女性に例えられるイメージもありますが、花を贈る時に気をつけなくてはいけないのが花言葉です。勿論、贈り物の定番であるバラにも花言葉が存在しており、花の色ごとにその意味が異なります。バラ全般の花言葉は、
「愛」や「美」となっていて恋人に贈る際に人気があります。まずは一番薔薇の特徴的ともいえるカラーである赤色から紹介致します。赤い薔薇の花言葉は「あなたを愛してます」や愛情、情熱、熱烈な恋などと激しく情熱的なイメージが挙げられます。しかし、その蕾にもきちんとした意味があります。蕾の赤薔薇ですと、純粋と愛らしさ、純粋な愛に染まるなどの意味があります。続いて白薔薇についての花言葉は純潔。「私はあなたにふさわしい」。深い尊敬などが挙げられます。そして蕾の白薔薇では、恋をするには若すぎる、少女時代などといった若さと青春を感じさせられる言葉が含まれていますね。そして最後にピンク色は「しとやか」、「上品」、「感銘」などという言葉の意味が含まれており、大変女性らしいイメージの意味が込められています。このように花言葉に気を付けて、恋人に贈る際には赤い薔薇を。それ以外の女性にはピンク色の薔薇を贈るなどすると良いでしょう。