Menu

敬老の日に飾りたい花

今年の敬老の日は918日です。おじいちゃんとおばあちゃんに日頃の感謝を込めてプレゼントを送ったり、お礼をする高齢者への敬意を表す日です。

ただ、ご高齢の方に何をすればいいか分からない人もおおいでしょう。高齢になってくると食べ物をプレゼントというのも、好みのもをの知っているのであればいいですがなかなか食べられない方も多いでしょう。そういったご高齢の方にはお花をプレゼントがもっともポピュラーです。

その中でも好きな花をプレゼントするのが良いでしょう。ただ、季節もありますし好みがわからない人も多いでしょう。敬老の日に人気の花がいくつかあります。最も人気なのはバラでしょう。年中を通してお祝い事で渡すことも多いです。ただ、バラ単体ではなくいくつかの花の中に入っている主役といった感じです。また、ひまわりやリンドウなども人気です。お花でもブーケで渡すのも良いですが、そのまま鉢植えでプレゼントする人も多いです。予算がある人は胡蝶蘭といった、少し高価で大きなものをプレゼントされる人も多いです。存在感があって香りもするのできっと喜ばれます。そこまで大きな物でなくとも、アレンジメントでのプレゼントも喜ばれます。

最近の花屋に行くと、ブーケーかアレンジメントか選ぶことが出来ますし、またその色も選ぶことが出来ます。好きな花で選ぶことも出来ますし、その花に何色かあると色でアレンジメントを作ってくれます。予算に合わせて大きさも違ってきます。アレンジメントですと、もらってそのまま置いておくこともできるのでとても楽です。

さらに最近人気なのがプリザーブドフラワーです。これは特殊な液をつけて乾燥させているため、綺麗な状態で長期間の保存ができます。もちろん水をやる必要はないため手間ではありません。ただ、少し費用が高くなりますが、お年寄りの方にはとても喜ばれるプレゼントの1つです。そして、最近ではネット注文も主流になってきています。お花とお菓子のセットなどもありますし、遠方に住んでいて敬老の日に訪問できないという人には通信販売で贈ることもできます。ちょっとした気持ちをしっかりと届けてくれるのです。以前に比べてお花のバリエーションも豊富になっていますし、色もたくさんあるためおじいちゃんやおばあちゃんに合った物がきっと見つかります。元気で長生きして欲しいという意味を込めて敬老の日にお花を贈ることで、より元気になってくれるでしょう。